触手物の魅力|ドラゴンボールのエロ漫画!?なんでもありな同人とエロ漫画!

触手物の魅力

色々なメディア機器

一般の漫画やアニメにあまり登場しないけれどもエロ漫画やエロ同人、エロアニメではあっちこっちで利用されている存在として、触手という物があります。
この触手というのは本当に様々な場所で利用されており、今日もどこかで描かれているエロ漫画では女戦士を捕まえて脱がして犯し、エロ同人では一般誌でよく見るあのキャラクターに襲い掛かっている事でしょう。
そしてそんな触手、好きな人にとっては非常に堪らないものですが、苦手な人からすると「見た目が気持ち悪い!」というシンプルな理由で嫌悪感を持たれています。

エロ漫画などで描かれている触手が行う行動というのは基本的に女性を捕まえて犯し、体内に精液もしくは卵を産み付けることによって増殖する……という、考えるとぞっとするような行動をします。
嫌いな人はこの行動や、犯されている女性が涙ながらに嫌がっているのを見て心を痛め、こんなのは全然良くない、興奮できない、と言っているわけです。
しかし、好きな人からすると強気な女性が強引に抑え込まれて犯されている姿であったり、体内から人間ではない何か別の生物が出てきて絶望している姿、というようなものを見て「これはエロい!」と思う訳です。
その為、本当に好きな人にとっては一生好きでいられるけれども、苦手若しくは嫌いな人にとってはおそらく一生好きになることができないジャンルなのです。

なので、もし今まで見たことがないけれども、なんだか悪く言われてるから見ないでおこう、と思っている人は一度読んでみて自分に合うかどうかを判断し、もしも合わなければ今後読まないようにし、とても興奮できた、というのであれば今後も継続して読み続けてみても良いのではないでしょうか。